更新時間が確保できないため、残念ですが当ブログは今後、不定期更新となります(ブログ自体は残します)。申し訳ないです。









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







もう9月だから言うけど生まれて初めてひと夏の思い出ができた



hanabi2.jpg



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:53:05.88 ID:mrMCg8mK0

彼女いない歴24年=年齢、当然童貞でフリーターのかわいそうな俺だが
半同棲してる親友(以下K)とその彼女(以下S)の計らいで初めて俺の夏に青い春がきた

ことのあらましは7月上旬の休日、Kと家でイチャイチャしてたところ
後からやってきたSが俺は邪魔だと言わんばかりに「たまには家に帰ってよ」と暴言を吐くので、
俺はその厚かましい態度に憤りを感じ
「彼女もいないし実家にいても肩身狭いしそれなら女の子紹介して下さい」と怒りの土下座をかましてやったら
「んー、今なら彼氏いない子いるし紹介してあげようか」と言われたところから始まる



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:53:40.77 ID:i+3dKaCI0

ああ、もう君帰っていいよ



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 13:54:29.69 ID:RZZOv+DTP

俺は期待しているよ








 
 
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:54:37.44 ID:mrMCg8mK0

さて7月中旬いよいよ人生初の合コンは開かれた
出席者は仲介人たるSとK
男性側は俺の他にSが子飼の如く可愛がってる後輩のA
ちなみにAとSと俺は小学生の時からの親友である
そして女性側には
22歳社会人1年生の元気いっぱいMちゃん
24歳の美容師Hちゃん
そして遊星からの物体Xちゃんである
なぜか3対4。これはSがよっぽどのバカなせいだろう



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:55:28.50 ID:mrMCg8mK0

ちなみに出席者のスペックを書くとこの通りだ

まず女子側

S・・・24歳。
残念ながら外見だけは良い(憂木まおみをもっと可愛くした感じ?くらいあるとの事)
スラっとしてスタイルも良いが俺とKに悉く邪魔立てするメス豚。

M・・・22歳。どうやらSの地元の後輩らしい。
ちっちゃくて猫っぽく可愛い。タイプです、ハイ。

H・・・24歳。これもSの地元の友達。
何か遊んでる感じはプンプン匂うがスタイル良で顔も美人。

X・・・B級映画の金字塔



 
 
15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:56:57.95 ID:mrMCg8mK0

男子側

K・・・24歳。
夢の高身長イケメン。金城武っぽい。俺と半同棲してる。
所謂ふつうのサラリーマン。。
あんなメス豚と付き合ってるので女を見る目は無い。

A・・・23歳。
イケメン。ジョイに似てるが別にギャル男では無い。こいつも180over
一浪一留(留学のため休学)の実績あり現在某有名私大4年。
彼女いない歴=年齢-22くらい。3人のなかで一番社交的

俺・・・24歳。
Kと一緒に同じレストランで働き始め、
Kが就職により巣立ち、身分が学生からフリーアルバイターとなっても続け、はや勤続5年目。
夏の間は某イベントバイトも掛け持ちしていた。
身長は午前中測れば170cm、体重は53kg、よくある中肉中背。
レストランでバイトを始めた時にKはホール、俺は厨房に回された事を記しておくので容姿は察して欲しい。


そう、Aは良いとしても俺に勝ち目が無いのは明白である。
そもそも女性が両極端すぎる、
メス豚は北極か南極かじゃなくてパプアニューギニアくらいのを連れてくるべきだった



 
17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 13:57:28.28 ID:RZZOv+DTP

Xに期待



18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:58:00.49 ID:7dVkJm/9O

つまり>>1はK狙いか



 
20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:58:17.41 ID:mrMCg8mK0

先述の通り俺は彼女がいたことがない
それどころか告白されるのは勿論の事、したことも無い上に未だに女子と目を合わせて喋れない
(俺とKの間を邪魔するメス豚であるSは除く)
つまり今まで色恋沙汰とは全くの無縁で
大学まで全て共学だったのに「男子校出身ですか?」と言われる事が多分にあるシャイボーイなのだ

その為自己紹介でも俯きつつ「ヨロシクオネガイシms・・」と言うのが精一杯で
寄生生物Xに「え!?なにー!?きこえなーい!!!」と触手を伸ばされる始末である。
ちなみにそのXにすら目を合わせられないのだから情けない。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:59:14.34 ID:xdmnr+ch0

クソ暑い中、この駄文を書き貯めしてたの?




22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 13:59:30.05 ID:mrMCg8mK0

それでも酒を入れ
話に加わろうとお台場でビーマニやってる人の如くナイスタイミングで相槌を入れ続け
いよいよ相槌300コンボ位のところで

「俺くんってさー、あんまり喋らないタイプ?」

と天使のような笑顔でMちゃんが話を振ってきたのである
「オオオオオオ、オレハ!オオ、ウン、エェー、ウン、エ!?・・・ソーカナ、ンー!・・・」
「何?wwwどうしたの!?www何かヘンなのーwwwwwwww」
ダメだこいつはバカにしてやがる。このお菓子系AV女優が



 
26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 14:00:01.42 ID:mGSWZfEzP

よくある話ダナ



 
27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:00:29.21 ID:mrMCg8mK0

そんな俺を見かねてかKがフォローを入れてくれた
「Mちゃん。こいつさー、可愛い子には人見知りしちゃうんだよwwwだから優しくしてあげてねー」
「Kちゃんバカじゃんwww」
MはどうやらKとも知り合いらしい、しかしKにバカとは許せない暴言である

Mは続いて俺の目を見て微笑みながらこう言った
「俺君、落ち着いて。ね?一緒にお話ししようよ」
俺の夏が始まった、血管が逆流した。さっきより緊張してしまう。
「ウウウン。フゥン!」
「wwwだから落ち着いてって。大丈夫?呼吸できてる?wwwwwww」

「おめーのために開いた会だぞー」
遠くでSがブヒブヒと鳴いてるのが聞こえた



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:01:32.29 ID:mrMCg8mK0

それから暫くは二人の世界だった
「K君と働いてたんでしょ?あの店あたしも行ったことあるよー」「ソ、ソウナノ」
「厨房なんでしょ?」「ウン」
「どんなの作ったりしてるの?」「パスタ。ペペロンチーノトカペスカトrトカ」
まさに恋人同士のようである。
いやだって
「俺君の作るスパゲティ食べてみたいな」とか言われたんだもん本当に

こういう場だと普通は席替えとかゲームとか全体で盛り上がるべくイベントがあるらしい
しかしKが気を利かせてくれたのか、そういう類のものは一切行われなかった
俺とMちゅわんは順調に愛を育み、そして2次会のカラオケへ

ちなみにここでは端折っているが1次会では
AとHが中々良い雰囲気になっていた。
あとXからは何か触手が伸びてきた気がするが全部Mちゃんが受けてくれていた。
さすが俺のハピナス。



 
29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:02:34.98 ID:mrMCg8mK0

カラオケに着くなりKとSはデュエットである。曲目はトップをねらえ!~Fly High~
この二人、アニソン以外は邦楽聴かないというよくある洋楽厨。ちなみにおねえさま役はSだ。
つーかさっき助けてくれたKはともかくSはマジで何しに来たんだ・・・と思っていたのだが
Xを引きつけていてくれるのは間違いなくSである。意外に役立つメス豚だ。そもそも連れてこなけりゃよかったのだが。
以後もKとSのアニソンコンビ+あやかとか歌ってるXのカラオケ組、
何か携帯見せあいっことかしてるAとH、
そして保母さんと園児のような甘い会話を繰り広げるMちゅわんと俺に分かれた。
K曰く「良い雰囲気なら邪魔しない」という天下三分の計である。金城似だけに。



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:03:38.84 ID:mrMCg8mK0

Sが「愛を取り戻せ歌えなかったー」と言えば
Kが「じゃあ帰ったらお風呂で一緒に歌う?」と淫らにイチャついたり
まあ各々帰る前のあの解散するきっかけ待ちの雰囲気の中
Sが「Mちゃんとお前同じ線だから送って行けよ。あと今日はKの家には私が泊るから邪魔すんなよ」
と偉そうに命令してきたので不本意ながら送ることになった

駅のホームで電車待ちしている所にKからのメールが1通
「Sが後から番号教えてって言っても絶対教えないから直接聞けよだってさ。まあがんばれよ」といった内容だ
退路を断たれた俺。正直解散前くらいにはぎこちないながらも少しはマトモに喋れてたと思う。
しかしここでのプレッシャーはまた先程までの俺に戻すのに十分だった。
「イイ、イエドコ?」
「○○だよー。ちょっと落ち着きなよwwあ!言っておくけど実家だからねwww」
そういうつもりじゃなかったけどイタズラな笑顔が可愛いので良しとする。
とにかくバイバイまであと7駅。



 
32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:04:29.58 ID:KUGxMh/P0

wktk



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:05:01.67 ID:mVR30J920

非常に読みにくい



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:05:09.65 ID:mrMCg8mK0

>>31
こんな駄文を読んでくれてる上に3レスもしてくれてどうもありがとう!

余裕を持って座れるくらい空いてる電車に乗り込む。
1駅通過、また1駅通過といつもの8倍くらいのスピードで走る電車。たぶん運転手がスピード狂だ。
そしてMちゃんの最寄り駅へと・・・
「アノー、ソノー、エエート」「どうしたの?」
「バンゴウ!バンゴウ!オシエt・・・」
「ええー!!」
「エッ・・・」

「ッwwwwいいよ!聞いてくれるの待ってたんだよねwww」

俺の夏いよいよだな
「パスタ食べに行くって約束もしたしさっ」
どう考えてもセクロスフラグですどうもありがとうございました

降り行く彼女にバイバイと手を振った後、次の駅で降りた。俺の最寄り駅は4駅前だ。
だけどいいのさハッピーだもん!歩くのが苦にならない!
テンション上がってKに掛けた電話が「今生物としての仕事中だから今度な!」と言われても気にしない!




35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:06:11.94 ID:mrMCg8mK0

それからも相変わらずKの家で半同棲していた。
Sからは邪魔物扱いされ、後はバイトの日々。
だが1日にセンター問い合わせする回数が40倍は増えた。
Mちゃんとはコンスタントにメールをしていた。
バイト先にも友達を連れて2回ほど食べに来てくれた
「美味しかったよ!」と言うMちゃんの笑顔の可愛いこと可愛いこと。本当にもう!

そしてお盆。



 
36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:06:15.57 ID:CQkCHZ7UQ

いまさらだけど仮名にして欲しかったな・・・
分けがわからんくなるのとイメージしにくい



 
38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:06:56.22 ID:mrMCg8mK0

イベントの方はお盆こそ稼ぎ時だがレストランはお盆休みがある。
何も予定が無く、いつものようにKとイチャイチャしようと思っていたのだが
「別にうちに来ても良いけど、俺お盆は爺ちゃんの3年忌も重なってるし田舎帰るよ?」
「あ、そういえばSも連れて行くんだけどお前も一緒に東京土産考えてくんね?」
などと訳のわからぬ事をのたまうK。つーかSも連れてくってどういうことだ?
電車で30分の実家ならまだしも1400キロ離れた田舎ですって!?

「え?なんでSも?」
「あー、まだわかんないけど一応結婚考えてますーって挨拶?」
許せん。神をも欺く行為だ。
「いやまだ早いだろ。」
「え?なんで?」
「別れるかもしれないじゃん」
「もう6年付き合ってんのにー?ww」
「そうだよ!だいたいSの親は!?」
「当然了解取ってるよwwむしろ喜んでくれてるwww」
「じゃあ俺も連れてけよ!!」

S「アホ言うなこのホモ」



 
40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:08:13.05 ID:mrMCg8mK0

>>37
ラツィオ時代にそうだったようにある程度の柔軟性はあると思うなー
期待してるけど恐らく2年で終わるんじゃないかな

かくして盆の夕方に長い道程を車で帰省したKとS。大渋滞に巻き込まれろ。
ちなみにこの車にはKとSの歴史に最大の危機をもたらしたという功績があるのだがそれはまあいいや
KはいないしAはHと付き合い始めてるし、
全くもって取り残された俺は暇で暇で悶々としていたので
こういう時にありがちな調子乗ったメールをMちゃんに送る
「Kもいないし暇だよー!Mちゃんあそうぼうよー!」
まさにチャラ男、童貞のチャラ男である。
送って5秒で「ア゙ー!!!」と枕に顔を埋めたのは言うまでもない。
そういえばSはこのベッドでアンアン言ってたのかな?
と考え、さらに悶々してモンモンモンしてきたところで返信が来た
「いいよー」
今年の夏は例年より暑いぜ!!
そしてシャワーを浴び入念にチンコを洗ってから、Mちゃんの待つ居酒屋へと行く俺
手を振り迎えてくれるMちゃん、やっぱりかわいいぜ!!
その向かいに座るX、やっぱりそういうことかだぜ!!



 
41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 14:08:38.27 ID:RZZOv+DTP

ここからXが奇跡の活躍・・・



42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:08:52.92 ID:mrMCg8mK0

だがMちゃんとXが向かい合ってるということは
つまり俺がMちゃんの隣に座れるってことだ。

X「あ、ゴメンゴメンあたし移動するからここ座っていいよ」

死ね。氏ねじゃなくて死ね。ここで急に気を利かせるってどういう事だ死ね。
つーかそれ利いてるようで利いてないし全然利いてないしむしろ邪魔だし
完全に詰んだ。この前はKのフォローがあったしメス豚も微力ながら気が利いていた。
そもそも女性に対してコミュ力マイナスの俺ひとりだなんて
こんなのが盛り上がるわけ・・・あったのである。

実はこの遊星からの邪魔者X、物凄く面白い奴だったのだ。
会話の誘導やフリが上手く、この俺ですら1時間前後でMちゃんに対しても自然に喋れるようになってしまっていた。
さすが美人だらけの中にいるブス。なるほどスキルに光るものがある。
ちなみに彼氏がいるらしい。きっと良い奴だろう。



 
43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:10:16.46 ID:mrMCg8mK0

酒と時のテンションが相まって場が完全に温まる
どれくらいか時間が経ち「ラストオーダーでーす」と店員が来た所でXが携帯を確認し、こう言った
「あたしちょっと彼氏と会ってくるからまたこんどねー」
Mちゃんも俺も「えっ」と言うか言わないかの所で既に席から離れてるX
こいつがここまで良い奴だとは。ブスとか死ねとか色々ゴメン、マジゴメン。
「二人になっちゃったねwww」ちょっと照れ隠し混じりのMちゃん可愛すぎるんだけどwwwwwwww
「まあしょうがないから飲もうかwww」俺マジで普通に喋れてる行ける俺
「んー」なぜか俯くMちゃん
「あれ?どうしたの?wwwwwwww」何かちょっと醒めて笑いながらじゃなきゃ喋れない俺
「あのね、終電無くなっちゃったの。Xもいたから朝まで飲むと思ったんだけどね。」
「ソ、ソレナラ!ケケケケケーノイエイコッイコ!イコウヨ!ノミナオソウヨ!!」



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:10:50.07 ID:A8E5//fV0

なかなか良いペースだ
期待




 
45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:11:01.91 ID:qkSNFvJH0

今日の良スレはここですか



46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:11:23.64 ID:mrMCg8mK0

「えー!K君の家!?田舎帰ってるんでしょ?」
「オレアイカギアルヨ!」
「何で持ってるの?wwwwwwwS怒らないかな?」
「ダイジョーブ!ダイジョーブ!!」
「んー、でも悪いよ」
「ソ、ソレナラリョウカイトレバイインデショーウ!!」
そしてKに電話する俺。prrrr・・・出ない。
二度目で漸く「はぁい・・・もしもし?」なぜか出るS
「あれ?何でお前が出るの?Kは?」
「・・・・運転中に決まってんじゃんバカじゃないの?何か用なの?」
「あ、あのーMちゃんとKの家に泊っていいかな?Mちゃん終電無いって」
「ハハー!!wwwwwwwwwwやっと童貞卒業すんのか!wwwwwww」
いやこれMちゃんに聞こえてるだろ。声大きいよメス豚バカ死ね
「ホテル行けよ。あたしたちのベッド汚されんのやだし」
だからそういう事言うなってバカもう本当にバカ!
「しないよ!そんなんじゃないって!ただ一緒に飲むだけだよ!」

Mちゃん「下心あるの?」
ほうら、やっぱり聞こえてるじゃん・・・



 
47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:12:06.79 ID:mrMCg8mK0

「あのねーKが別に良いけど火と戸締りだけはしっかりしとけよだってさwww」
「はいはいありがとう!もう切るからね!」

「了解得たよ。どうする?」
不思議なことに普通に喋れてる俺。
おそらくさっきの怒り混じりのテンションがそうさせてるのかも。
「ネカフェとかでもいいんだけど・・・」
以後長らく交渉、その後
「行くよ。行っても良いけど飲むだけだよね!(キリッ」
なぜかキレてるMちゃん。
残飯系男子代表、謂わばサバンナにおけるハイエナのウンコレベルの俺に対して警戒心強すぎ。
Kの家はここからタクシーで2000円程。
車中で少しでも警戒心を解こうと四苦八苦したがその効果は定かではない。
コンビニで酒を調達しKの家へ入る
ここで幸いな事にMちゃんは初めて入るようで
部屋に並べてあるDVDや漫画、ゲームを見つけては
「本当、あの二人ヲタクだよねーwww」なんて喜んでいた
それを上手い事切欠にしてKとSの話を肴に酒を飲む俺ら2人




48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:12:11.21 ID:h6VzgUg70

>>43
こんなwktk久々だぜGJ!!!!




 
49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:13:04.64 ID:mrMCg8mK0

何か見ようという話になり
アニメと言えばセーラームーンくらいしか見たことが無いというMちゃんのために俺が選んだアニメは
『新劇場版ヱヴァンゲリヲン 破(blue-ray)』
まさに完璧な選択
「これがレイちゃんって子だっけ?」「そうだよーこの青い髪の子だよー」
「あれ?これセーラームーンの声だ!」「そうだね。三石琴乃だね。」
とかマジカップルの会話過ぎるwwwwwwwww
ああこれこそ俺が憧れてた会話だ。まさに爽やか。極めてる。

とりわけ休日の朝からめちゃモテ委員長見て
「このアニメは全国の声優志望に自信を与える目的で制作されてるな」
「その通りですわ☆(モノマネ)」
とグロい会話をするどこかのカップルとは大違いだ



50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:13:39.10 ID:7yosN9Sn0

ところで>>1はなんでKと家でイチャイチャしてたの?
ホモなの?



 
51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:14:15.48 ID:mrMCg8mK0

エヴァ破を爽やかに見終わり
「どうだった?」「うーん。よくわかんないかもww」というよくありそうな会話を交えた後、
「もう外明るいねー。あたしそろそろ帰ろっかなー」とMちゃんが呟いた
まずいぞコレは。何のための密室二人っきりだったんだ
「お、ぉぉッ・・・もう帰るの?」
「うんー、別に帰っても寝るだけだけどねwww」
それならなぜ始発出たばかりのようなこんな時間に帰るんだ!?
「いや、それならここで寝れば・・・」
「お風呂入りたいしさwww」
「・・・帰るの?」
「帰るよー」

「ちょっ、ちょっと待って!Mちゃん!俺、Mちゃんの事が好きなんだぁ~」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:15:27.31 ID:h6VzgUg70

>>51
にやけるwwwwwwwww




 
53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 14:15:38.41 ID:mrMCg8mK0

「え?急にどうしたの?」
「その!Mちゃんが好きなんです!

初めてあった日から日増しに気持がその、その好きなんです!」

~ここから~

Mちゃんは暫く俯いた、考え事をしてるようにも見えた。対して俺は頭の中が真っ白だった。
「うん。ありがとう。嬉しいよ。」
「だからその・・・あの、付き合って下さい!」
「・・・・いいよ」ハニかんだ顔でMちゃんは答えた
「・・・・・・・・」
反応できない俺、今まで生きてきた中で経験の無いような事があまりに多すぎて
頭は依然よく回らず、おkされたら何すればいいんだ?これって彼女って事?なんて思考が巡る
みかねたMちゃんは微笑みながら言った

「ねぇ、チューしよっか」

24歳にして甘い甘いファーストキス
我慢できなくなった俺は親友が彼女と愛を営んでるベッドに押し倒し



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 14:16:22.79 ID:RZZOv+DTP

ドキドキ・・・



 
55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:16:33.30 ID:mrMCg8mK0

~ここまで俺の妄想~

現実は厳しい、

顔を上げたMちゃんは全く持って感情の無い表情で即答した
「ごめんトモダチ」

「・・・・・・・・・・送るよ」

「たすかるありがと」

それ以来Mちゃんとは会って無い
俺は悔しいからKのPS3にエロDVDを

入れっぱなしにしたPS2にもブルーレイレコーダーにも入れっぱなしにした


                             
                                    終わり



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:17:16.28 ID:Pt2IKJKF0

うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:18:04.19 ID:h6VzgUg70

>>55
何だこの焦燥感・・・
キョドりぶさ面だから振られたんだろ



>>58
S曰く「強引さの欠片が無い、Mはわりと受け身なのにキスすらできないお前じゃダメ」との事です

 
 
 
59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 14:18:32.56 ID:RZZOv+DTP

マジかーwww
でも面白かったGJ




60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:18:59.12 ID:pBV9yrb/0

酒飲んでからの告白とか
どんだけバカだよ




61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2010/09/03(金) 14:19:07.29 ID:JCiprpo50

充実した夏だったな


>>61
はい!24歳にして生まれて初めて女性に告白するという大仕事をやってのけました!!



 
66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:21:38.27 ID:KUGxMh/P0

オレからすれば十分リア充だぜ



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2010/09/03(金) 14:22:37.07 ID:A8E5//fV0

いいなぁ俺もそんな事してみたいわ




このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - もう9月だから言うけど生まれて初めてひと夏の思い出ができた  





















 










トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://msy738.blog75.fc2.com/tb.php/90-e9385ac8


キャッシング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。