更新時間が確保できないため、残念ですが当ブログは今後、不定期更新となります(ブログ自体は残します)。申し訳ないです。









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







オレとマツコ・デラックスがK-1ルールで試合するスレ

matsuko.jpg



1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:17:05.29 ID:9STSIKX50

オレ

年齢26
身長172cm
体重58Kg

マツコ・デラックス

年齢38
身長178cm
体重140kg


圧倒的なウエイト差…オレがマツコに勝ってる点は年齢だけ…
はたしてオレはこの事実上ハンディキャップマッチを

制することが出来るのか!?




 
7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:25:59.45 ID:KG1nS6YE0

まあ続けろよ





※ブラウザの「戻る」でお戻りください。





4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:23:29.14 ID:9STSIKX50

リングに上がるオレとマツコ
両者へのコールが終わりリング中央で対峙する優男と巨漢
今日のマツコはあくまで格闘家としてリングに上がっている
ノーメイクだから只の力士のオッサンにしか見えない


オレ「………」

マツコ「………」

マツコの巨大なプレッシャーに目を合わせられないオレ
マツコは品定めでもするかのように

オレを頭から足のつま先まで舐めまわすように見ている
レフリーの角田信明のルール説明も終わり

グローブを合わせるオレとマツコ

マツコ「あんた負けたら…分かってるんでしょうね?

オレ「……!!」

その一言でオレの全身に寒気が走った


角田「レディ……ファイト!!」





6 名前: 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2011/05/04(水) 02:25:01.37 ID:aigJtuX50

距離が重要だ!
もっとローから組み立てていけ!





8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:29:38.19 ID:9STSIKX50

こうして第一ラウンドのゴングが鳴り響いた
緊張の面持ちで身構えるオレ
マツコはそんなオレをじっと見つめゆっくりと動いている

オレ(なに…?突撃してこないのか?!)

オレは試合が始まる前からマツコのプレッシャーに飲まれていた
おそらくマツコにボブ・サップのように

初っ端から突撃されたら対処出来ずに
圧力に負けてあっさりやられかねなかっただろう
しかしマツコは以外にも慎重にこちらを見ている
こちらにとっては好都合だ

マツコ「………」

そんなマツコにオレはローを放っていく
この巨体を倒すにはやはり足から崩していくしかないだろう





9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:36:25.65 ID:9STSIKX50

円を描くように動きながらオレはマツコにローを放ち続ける
マツコにローキックにパンチを合わせるなど器用な真似は出来まいが
慎重に動きながらそのズ太い足へロー、

肉の塊というに相応しい腹にミドル
マツコはオレの攻撃を受けながらもゆっくりと近づいてくる

マツコ「…!

オレ(くっ…!

マツコのパンチが空を切った
すごいパンチだ…こんなもの食らったオレは間違いなく一発で沈む
オレは逆にはなからマツコを倒そうなどと思ってない
逃げ回りながらコツコツ攻撃してポイントを稼いで逃げきるつもりだ





10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:42:54.79 ID:9STSIKX50

こうしてマツコの巨大なパワーとプレッシャーをなんとかいなしながら
オレは手数を出し続け着実にポイントを稼いでいった
オレのいいパンチやキックがマツコの顔面を捉えることもあったが
決してマツコは倒れることはなかった

倍以上のウエイト差…当然といえば当然だ…

マツコはその巨体ゆえスタミナはなく
それほど激しく動いていないにも関わらず
一ラウンド終了時点でかなり肩で息をしているような状態だった
一方のオレも試合を有利に進めているとはいえ

マツコのプレッシャーでかなり体力を削られてしまった…


そして試合の主導権をオレが握ったまま最終ラウンドへ…




 
12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:46:06.18 ID:4iKqpMJZ0

デブの張り手は効く




11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:44:05.98 ID:1xbu5Ag80

あれで140kgなの?
俺より軽いのか・・・





13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:51:19.22 ID:9STSIKX50

3ラウンド…お互いここまでかなりスタミナをロスしている
ダメージの蓄積はマツコの方が多い
オレはここまでクリーンヒットを一度も許していない
当然だ…

マツコのパンチがオレにクリーンヒットするということ=オレの敗北
を意味しているのだから…
しかしガート越しとはいえ

マツコのパンチを何発か受けたオレもダメージがないとは言えない

問題ない…

このラウンドを凌げばオレのポイントアウトによる勝利は
目に見えているのだから…

しかし…今にしてみればオレは考えが甘かった…


最終ラウンド間もなく一分が過ぎようとした時…

マツコ「あぁ……!!

マツコの低い声が響いた…
オレのローがマツコの股間に当たってしまったのだ…
キックの世界ではよくあるアクシデントだ…
これがいけなかった…

これがマツコの野獣を目覚めさせてしまった…




14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:56:24.89 ID:ZqARJcw60

おもろいわwww




15 名前: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】 :2011/05/04(水) 02:57:35.50 ID:TCWWzc6o0

いったい何が始まるんです?




16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 02:59:55.75 ID:9STSIKX50

当然、タイムストップがかかり試合は一時中断
お互い自分のコーナーに戻りマツコのローブローのダメージ回復を待つ

そして三分ほどのインターバルを取るとマツコが試合再開を要求
もうダメージは消えたようだ
後、試合は二分もない…オレの勝ちは揺ぎ無い…
そう自分に言い聞かせながら再びマツコと相対する

しかし、試合再開直後、マツコは踏み込みオレへ接近…
オレはその足にタイミングよくローを合わせた…すると…

角田「ダーウン!!」

なんとマツコがオレのカウンターのローで倒れたのだ…

なに…?オレの蹴りが効いた…?

考えてみればマツコの足には結構ローのダメージが蓄積されている…
これなら…ローで攻め続けマツコを倒せる…!


オレはこの時、
いっきにKOの誘惑に捕らわれてしまった




17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:07:50.68 ID:9STSIKX50

立ち上がりファイティングポーズを取るマツコ
しかし、その足は青く腫れあがりダメージの色が見てとれる
時間は後、一分半以上…倒せる!あのマツコを…!

KO出来る…!
反則的なウエイト差を跳ね除け…
オレがこの巨体をリングに沈めることが出来る…!

そしてオレは再びマツコの左足へローを放っていく
ローをもらう度にボブ・サップのようにあからさま顔を歪めるマツコ
もう少しだ…もう少しでマツコは倒れる…
そして時計は進んでいき時間は一分を切った
マツコも懸命に耐えているがもう落ちるのも時間の問題だ…

残り三十秒…

オレがマツコを倒そうと渾身の気持ちを込めてローを放った瞬間…
マツコは動いた…オレのローに合わせて…
あの時…マツコはうっすらと笑みを浮かべていたように記憶している





18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:13:19.96 ID:9STSIKX50

………

オレ「……んっ…ん…?

気がつくとオレは見知らぬ部屋のベッドに寝ていた…

オレ「…・・・ここは……?」

妖しげな雰囲気の漂う部屋…
突然こんな部屋にいることに戸惑いを隠せないでいる
一体何があったのだろう…?途中から記憶が途切れている…
オレはマツコと試合をしていて…オレが試合を有利に進めていて…
それから………

記憶の糸を辿ろうとするオレに聞き覚えのある声が聞こえてきた

マツコ「あら…もうお目覚めぇ…?以外と早かったわ
ね…」

オレ「ツコ………」





19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:19:04.32 ID:9STSIKX50

マツコはネグリジェ姿でオレを見下ろし悠然と立っていた
その威圧感に身を強張らせながらオレは思い出したかのように口を開いた

オレ「……、試合は…?」

マツコ「あら?やっぱりあんた覚えてないの?

    んなもんあんたの負けに決まってるじゃない!

オレ「え…?負け…?オレが…なんで!?」

マツコ「最終ラウンド…

     あんたのローにアタシが右ストレートを合わせて勝ったのよ」
マツコ「要するにアンタのKO負けよKO負け」

……馬鹿な………

あの時、マツコはオレのローのダメージが深刻で
とてもそんな余裕なかった筈…
あと少しで倒れるような雰囲気だった





20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:26:44.47 ID:9STSIKX50

オレ「まさか…あなたにそんなセンスがあるなんて…」

マツコ「フン!アタシをただのデブと見くびってるからそうなるのよ」

オレ「…で、でもあの時、あなたは

    相当なダメージを足に抱えていた!通常の状態ならまだしも…」
オレ「あんな足でそんなこと何故できるんです?!

    オレのローでダウンすらしてたじゃないですか!」

マツコ「ああ…あれね…あんなの一種のお芝居よ、お・し・ば・い」

そう言ってオレの座ってるベッドにマツコも座り顔を近づけてきた

オレ「へ…?芝居…?」

マツコ「たしかにアンタのローは効いてたわよ…

     でもダウンするほどじゃなかったのよ」

オレ「はぁ…?」

マツコ「いや、アンタさぁ…アタシのポコチン蹴ったでしょ?

     ファールカップつけててもチョー痛かったわよ!」
マツコ「あれでキレちゃったのよアタシ…こちつ絶対ぶちのめすってね」





21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:33:24.06 ID:9STSIKX50

マツコ「けどアンタ判定で逃げ切る気満々だったでしょ?
          このままじゃ絶対負けると思ったの」
マツコ「だからあの時、わざとアンタのローキックで倒れて

          アタシを倒せそうな雰囲気を作ったのよ」

オレは唖然としていた…

そして改めてこのマツコ・デラックスという怪物の恐ろしさを思い知った
この化け物はパワーとセンスだけの巨漢じゃない…知略にも長けている…
オレを仕向けるためとはいえ

自分からダウンまでする奴なんて聞いたことなかった…

踊らされた…マツコの知略に…完敗だ…

うな垂れるオレの肩にマツコの太い腕がすっと伸びる

マツコ「ねえ…負けたらどうなるか…分かってたわよね?」

オレ「ぐう……!」

もうオレに逃げ道などなかった





22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:38:42.27 ID:9STSIKX50

それは突然だった

オレ「~~~~!?

デカイ顔がオレの顔に急接近し

あっという間にマツコの唇がオレの唇に重なっていた
マツコのでかい手で顔を掴まれ強引にキスされるオレ
ついにはマツコの舌がオレの口内へと侵入…

オレの口を存分に汚していった…




23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:44:30.16 ID:9STSIKX50

マツコ「はぁ~……」

唇を離すとマツコは手早くオレの股間を握ってきた…
思わずマツコの腕を掴んでしまうオレ

オレ「ちょ、マツコさん!そこは…」

マツコ「あら、抵抗する気?

          アンタ、アタシに負けたのよ…忘れたの?」

オレ「うう……」

そう…オレに拒否権などないのだ…
どんなに嫌でもオレはこの巨漢のオッサンを受け入れるしかない

マツコ「ほら~、もっと興奮してよぉ…全然勃起してないじゃなぁい…」

股間をまさぐられるだけで虫唾が走る
オレは「触るな糞デブカマ野郎!」という言葉を飲み込んだ





24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:47:14.51 ID:KG1nS6YE0

深夜だからだろうか?面白いんだが




25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:47:26.58 ID:HKFowk1Z0

wktk




26 名前: 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2011/05/04(水) 03:52:07.55 ID:ovht7KFOi

これは期待




27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:52:45.21 ID:9STSIKX50

まずズボンもパンツを脱がされ
マツコの前に男のシンボルを露出させる

マツコ「サイズは…まぁ普通ね…いいのよ別に…
     でかけりゃ良いってもんじゃないからね」

さり気なくオレに対してフォローを入れるマツコ
マツコは普通と言ったが実際のオレのサイズは

一般平均成人男性よりちょっと小さいくらいだろう
こんな粗末なものをマツコの前に出さなくてはならないとは…

マツコ「じゃあ、遠慮なく頂くわよ……んんっ…」

オレの微妙なサイズのペニスがマツコの大きな口に飲み込まれていく

マツコ「んんっ…んふ……うっ…ちゅ…ちゅぱ……」

マツコの舌がオレのペニスに絡みついてくる
こんな大デブオッサンにチンポをしゃぶられるなんて悪夢としか思えない
しかし悔しいかな…オレの元気のなかった性器は

マツコの口内で徐々に確かな反応を示し始める




29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:58:12.33 ID:9STSIKX50

オレ「っ……」

やばい…普通に気持ちよくなってきてる…
こんな家畜みたいなオッサンのフェラで感じてしまうなんて…
なによりそのことをマツコ自身に直に悟られるのが悔しい…

恥ずかしい…

マツコ「んちゅ......ちゅ...ちゅる......」

まるでオレの表情を確認するかのように

オレを見上げながらネットリ肉棒をしゃぶってく
オレは恥ずかしさのあまりマツコから視線を逸らし

天井を見上げながら込み上げる快感に耐える
しかしどんなに頑張っても

早漏のオレにマツコのフェラを耐えることは出来なかった

駄目だ…もう出る……





30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 03:58:53.76 ID:O1TlfUeQ0

これはひどい




31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:03:42.25 ID:9STSIKX50

オレ「うぐぅ…!」

オレは快楽に負け一分と経たない内にマツコの口内で射精してしまった

マツコ「うぶっ!んんっ!」

予告なしの射精だったがマツコは動じることもなく

バキュームさせて放出された精液を飲み込んでいった

マツコ「……もう……いきなり出して……早漏なんだから…」

そう言って唇をオレの精子で濡らしながら妖しく笑うマツコ
とてもマツコとまともに視線を合わせることが出来ない
こんなの恥ずかしすぎる……





33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:08:46.17 ID:ZqARJcw60

ここまで来ると読みたくない




34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:09:38.43 ID:9STSIKX50

顔を背けるオレをマツコはぐっと力強く引き寄せる
思わず間近でマツコと視線が合い固まってしまうオレ
マツコのギラついた眼光がオレを何も逆らえないようにするような気がした

マツコ「ねえ…アンタも男の味…覚えてみたら?」

オレ「…そ、それって……まさか…」

マツコ「そうよ…今度はアンタがアタシのをしゃぶるのよ…」

最悪だ……受けるだけならまだしも…
オレもマツコを攻めなきゃならないらしい…
まあ…当然といえば当然のことだ…
こっちばかり気持ちよくなってる訳にはいかない





35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:12:48.82 ID:ahxziM/KO

何が目的だよお前




36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:14:19.80 ID:9STSIKX50

マツコ「ほら…これがアタシのよ…どう?大きいでしょ?」

これがマツコのチンポ…正直予想外だった…
マツコのチンポがこんなにでかいなんて……
目の前に晒されたマツコのシンボルからむわっと雄の臭いしてきた

マツコ「あんた初めてでしょ?最初は先っぽから舐めてみれば?」

オレ「……いえ……」

こんなものを男のオレが口にしなきゃならないなんて…
泣きそうだ…吐きそうだ……しかし…引き返せない…
オレは深く深呼吸すると意を決してマツコのペニスをほうばった





37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:21:10.10 ID:9STSIKX50

マツコ「あらっ!いきなりカブリつくなんて大胆ねえ!
     案外男らしいとこあるじゃない!」

オレは目を瞑り出来るだけ頭の中を空っぽにして

マツコのペニスをしゃぶった
初めて味わうペニスの苦味…口から伝わる臭い……
それらに耐えつつオレは初めてながら頭を動かし必死にフェラし続けた

マツコ「いいわよ…なかなか上手いじゃないアンタ…もっと舌も使って…」

何かマツコが言っているがオレにはそんなもの聞こえない
聞いてる余裕などない…今はただ一心不乱にペニスをしゃぶり続けるのみ

マツコ「ああぁ…いいわぁ…気持ちいい…

     そろそろイっちゃいそう…あぁ…はぁぁ…」
マツコ「イクわよ?良い?ホントにイクからね…イク…あああぁぁ!!」

マツコのペニスからオレの口内へ濃い白濁液が放たれた





38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:24:48.37 ID:HKFowk1Z0

誰得wwww




40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:33:14.20 ID:9STSIKX50

気がついたらこんな糞SSに二時間も費やしてた
正気の沙汰とは思えない…もう限界なので寝る





41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:34:41.00 ID:DNFjlhke0

賢者タイムワロタ




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:47:10.32 ID:mjB5Zx0w0

無駄な文才が腹立つwwwww




39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/04(水) 04:28:53.20 ID:mjB5Zx0w0

後半から誰得wwwww



よく考えてみれば 前半から誰得だったwww





このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - オレとマツコ・デラックスがK-1ルールで試合するスレ  












  1. ※ブラウザの「戻る」でお戻りください。
    に従っておくべきだったwwwくそwwww
    [ 2011/05/05 04:04 ] - [ 編集 ]
  2. こんな深夜から俺は何を見てるんだ…
    [ 2011/05/05 04:04 ] - [ 編集 ]
  3. 無駄に文章がうまくて困るww
    [ 2011/05/05 04:06 ] - [ 編集 ]
  4. ちくしょう…
    [ 2011/05/05 04:50 ] - [ 編集 ]
  5. あ・・・あ・・・
    [ 2011/05/05 04:54 ] - [ 編集 ]
  6. これは酷い
    [ 2011/05/05 06:01 ] - [ 編集 ]
  7. 全体を通して伝わるどうしようもない感がたまらないなwww
    [ 2011/05/05 06:11 ] - [ 編集 ]
  8. 戻っておけばよかった…
    [ 2011/05/05 06:37 ] - [ 編集 ]
  9. ※ブラウザの「戻る」でお戻りください。
    これが一番面白かった
    [ 2011/05/05 08:23 ] - [ 編集 ]
  10. 戻っておけばよかった
    [ 2011/05/05 08:50 ] - [ 編集 ]
  11. 何で最後知恵袋なんだよwwwww
    [ 2011/05/05 08:59 ] - [ 編集 ]
  12. \   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   ホ  す
      \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  モ  ま
         Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
    `ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
         |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
    ``''ー- ゝ、'l   ̄゛´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
          ゛ソ   """"´`     〉 L_      っ
          /          i  ,  /|    て    r
    ≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゛ | ,へ     ,r┘
    ,、yx=''" `ー{゛ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
            ゛、`--─゛      /!         `、
      _,,、-     ゛、 ー''    / ;           `、
    -''"_,,、-''"    ゛、    /;;' ,'  /         、\
    -''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ      
       //    /     ヾ_、=ニ゛
    [ 2011/05/05 09:26 ] - [ 編集 ]
  13. はぁ・・・股間は正直だなぁ
    [ 2011/05/05 10:23 ] - [ 編集 ]
  14. これk-1ルールとかどうでもいいじゃねえかwww
    [ 2011/05/05 10:27 ] - [ 編集 ]
  15. いや前半は俺得だった…はず
    じゃないと最後まで読んでしまった自分に説明がつかないよ
    [ 2011/05/05 10:32 ] - [ 編集 ]
  16. 戻っておけばよかった
    [ 2011/05/05 10:47 ] - [ 編集 ]
  17. なんで管理人はホモネタ好きなんだよww
    [ 2011/05/05 10:51 ] - [ 編集 ]
  18. 管理人はノンケでも食う男
    [ 2011/05/05 10:57 ] - [ 編集 ]
  19. *1
    飛んできた俺には始めから戻るは存在しなかった・・・
    [ 2011/05/05 12:02 ] - [ 編集 ]
  20. 戻りたかった
    [ 2011/05/05 12:50 ] - [ 編集 ]
  21. 文章上手いなww後半も俺得でした。面白かった
    [ 2011/05/05 13:15 ] - [ 編集 ]
  22. > この記事は役に立ちましたか?


    何の役に立てろってんだよ!
    [ 2011/05/05 13:50 ] - [ 編集 ]
  23. ホモスレ多いよ!
    [ 2011/05/05 14:16 ] - [ 編集 ]
  24. 吐き気がした。(〒▲〒)
    [ 2011/05/05 14:59 ] - [ 編集 ]
  25. マツコのセリフ全部ワロタwww
    [ 2011/05/05 15:45 ] - [ 編集 ]
  26. ※ブラウザの「戻る」でお戻りください。

    こういうことかwww
    [ 2011/05/07 03:42 ] - [ 編集 ]
  27. うん役だった
    バキってこういうとき捗るな
    [ 2011/05/18 16:39 ] - [ 編集 ]
  28. 素直に戻っとけばヨカッタ…
    [ 2011/11/25 12:21 ] - [ 編集 ]
  29. 牛乳とゲロ吐いた
    [ 2012/01/29 02:25 ] - [ 編集 ]









 










トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://msy738.blog75.fc2.com/tb.php/447-11f18f46


キャッシング
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。